とらまぐ-社長ブログ

とらまぐ通信の社長コラムを掲載しています。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |

もってる

いけてる、いっちゃってる、きてる、というような一言で表現する中で、「もってる」という“ついてる人”のことを表現する言葉があります。

自分ではあまり上記の言葉を使いませんが、2018年は「きてる」感じがします。

またその運気を自分が「もってる」という感覚です。

なんか言葉の説明をしようとすると難しくなりますが、要するに今の自分は「引きが強い」と思います。

自慢になる話は好きではありませんが、今の状態を表すとそんな気がするのです。

つまり釣りで言う「爆釣!」「入れ食い!」ってやつです。

 

縛才(ばくさい)がある、悪運が強い、晴れ男、というような、持って生まれた才能的なこととはまた違って、前者は「状態」を表す言葉です。

 

みなさんに当てはまる「状態」の言葉は何でしょうか?

 

ナチュラル、ノーマルな人もいるでしょう。また幸運を感じてる人もいるでしょうし、逆に運に見放されてると思うようなことばかり続いてる人もいるかもしれません。

 

長い人生、何度かの良い時期と悪い時期を繰り返しながら歳を取っていきますが、良い時も悪い時も一時的なものです。

ただその良い状態や悪いことを長引かせようとしたらできるのです。

 

以前ラスベガスでカジノをやってる時に危なく負けるところだったのを勝ちに持って行けた経験があります。

その時ルーレットをやり、そこそこ勝ってました。

でも近くに座ったマフィアっぽい外国人が10万単位でベットしていき、あっという間に100万以上になっていったんです。

それを見ていた自分も「セコセコ賭けるのではなく、一気に勝負に出ればこの人みたいに勝てる!」っと我を忘れてしまい、ガンガン賭けました。

最初はその勝っている人の運気に乗る形でベットし、調子よく100万越えまであっという間に行きました。

ただその後自分も”ついてる”からと自分なりに賭け始めていくと、みるみるチップが減っていき、気がつくと最初と同じぐらいまでになってしまいました。

これはダメだと冷静になりましたが、その時その外国人の姿はありませんでした。

まるで幻を見たような感覚で、自分を見失ったことを悔いました。

 

これは良い時期が続かない典型的な例です。また自分を失った悪い時期も一瞬ですが垣間見えました。

「宝くじが当たると人生が狂う」という話を聞きますが、やはり平常心でいなければ良いことにも、悪いことにも対応できないということです。

 

自分は強運で、何をやってもうまく行く!

この強気はいいと思いますが、悪い時期には”やけくそ”になり悪い運気を引きずります。

悪い時には謙虚にそして冷静に、良い時でも、悪い時でも無い平常心に戻ることが重要です。

 

2018年のいい波に乗れてる感じはしますが、欲張らず冷静に現状を見て「もってる」人として「億り人」に近づこうと思います。(笑)

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

〜 記念日 〜

今どきの高校生は『記念日』を何個も持っているらしく、年に何回もお祝い(イベント)をするという。

誕生日は当然のこと、告白した記念日、付き合って1年記念、付き合って100日記念、出会った記念日、バレンタイン・ホワイトデー、クリスマス、、、

100点取った日、初めてパーマかけた日、100円拾った日、、、

何でも有りだ ( ̄。 ̄;)

 

でもこれは、すべてのことに感謝するという意味で、とてもいいことだと思う。

 

11回でも感謝していますか? 人に対して、環境に対して、物事に対して。

ご飯が食べられて、ありがとう。

手伝ってくれて、ありがとう。

健康でいれて、ありがとう。

平穏な日々を、ありがとう。

側にいてくれて、ありがとう。

 

「当たり前」と思わず、全てに感謝することで『幸福の連鎖』が始まる。

感謝の気持ちを常に持っていれば、その記念日、大切な日、大切な人、その魂がいい方向に導いてくれる。

 

面倒だ、関係ない、あたりまえ、と思って感謝をないがしろにすると「負の連鎖」が始まる。

 

 

3月は会社、学校などでお別れのイベントが開催されるが、その思い出は心に刻まれ、一生忘れない。

良いことだけでは無く、嫌な思い出もついてくるが、それがあっての思い出。

自分を成長させてくれた、人、環境、物事に感謝。

この感謝の気持ちを忘れること無く生活し、その場、その時だけでは無く、常に感謝の心を持ち続けることがとても大切。

 

 

一時の楽しさのために記念日をつくっている高校生だが、自分たち大人も毎日が記念日のつもりで感謝して過ごす事が「幸福の連鎖」につながる。

 

今日は何に感謝しよう。。。

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

あなたは やってます?

人の顔を覚えるのって  得意ですか?

得意な人には共通点があって、どこか特徴を探すのです。

ホクロ、髪、おでこ、誰に似てる、など

 

マラソンする時  息をどっちで吸いますか?

鼻? 口?

 

試験の講習会などでノートを取る時  どのように記入しますか?

丸写し? 要点を自分でまとめて?

 

車の運転時に  何を注意してますか?

常に死角のバイク? 速度? 飛び出し?

 

色々質問しましたが、他人はやってるけど自分のやり方は違うというケースが多々あることを皆さんは認識していますか?

 

外見では判断できないが、人それぞれ意識してやってることがあります。

それをやってるか、やってないかの差がものすごく重要になります。

 

何を言ってるのかわからないと思うので、例をあげてみます。

 

 

電車に立って乗っている時、あなたは何をしますか?

一般的な人は、「揺れても倒れない様に吊革につかまる」という答えだと思います。

 

でも、他人を観察していると様々なシーンが見られます。

・バランスが崩れないように脚を開いて膝を少し曲げて立ってる人

・席が空くのを鋭い目で見回す人

・スマホで読書をしたり、仕事をする人

 

そして、もっと観察して見えない部分も想像してみると、もっと違う世界が見られます。

・指1本で吊革につかまり指のトレーニングをしてる人

・外の景色を見ながら面白そうな店を探してる人

・広告を見て情報を入れてる人

 

 

勝手な想像の部分はありますが、行動ひとつにしても自分と違うやり方、考え、動きをしてることがわかります。

 

 

最近ゴルフコースで打つときに、注意点を口ずさむことにしています。

「ゆっくり上げて、力を抜く」

「腹筋、グリップ、ウエイトシフト」

 

今まで感覚でしか打ってなかったのでミスが多かったのが、口に出すことでスコアが安定してきたのです。

 

ゴルフは「ミスをいかにしないようにするか」というスポーツなので、注意点は山ほどあります。

他の人は注意することを口に出してるかはわかりませんが、見えないところで様々なやり方をしているのです。

Aさんは、なんで簡単に打ってるけどミスしないんだろう?」

と思ったので質問したところ、「見えないところで注意してる」という話を聞けました。

 

クラブを少しだけ短く持つ

重心をかかと寄りにする

スタンスを狭くする

右目でボールを見る

ボールを右足よりに置く

 

わからないところで、そんなに色々やってるんだと、自分が全くやってなかったので衝撃的を受けるとともに、「もっと早く気がついてれば、差を付けられなかったんだ・・・」と悔しい思いをしました。

 

他人は気がつかないところで、色々工夫しながらやっているのです。

学生の頃、テスト前日、「昨日勉強しなかったよ」と言って、いい点取ってる『隠れ勉強家』がいましたが、見えないところで努力してる人はいるんですね。

 

なぜかその努力してるところは恥ずかしいからか、見せない人が多いが、塾とかスポーツのスクールに行くと、人がこっそりやっている『隠れたポイント』を教えてくれるのです。

 

 

人に好かれようと思って人前でしか努力や苦労をしない人がいますが、人が見てないところで努力することは、やろうと思ってもできることではありません。

 

トイレに入ったときに綺麗に掃除して出るか。

ゴミが落ちていたら拾うことができるか。

困ってる人がいたら率先して助けてあげられるか。

 

できるかどうかの能力は関係ありません。

行動に於いて、少しプラスしてできる人間になり、何事に於いても『ひと味違う』格好いい人間になりたいです。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

〜 人生のあるある法則 〜

下を読んで、当てはまるのはいくつありますか?

人生の「あるある」をまとめてみました。

 

2度あることは3度ある

洗車すると雨が降る

傘を持っていけば雨は降らず、傘を持っていかないと雨が降る

自分が並んだレジや列がいつも遅い

試験直前に覚えた問題は試験に出ない

USBを入れる時『いつも逆』と思ったら、最初の向きであってた

靴下を左右同時に捨てるタイミングはない

新しい携帯を買った途端に落とす

人に迷惑を掛けた後、必ず自分に不幸が来る

小銭を財布から出した後すぐ小銭でパンパンになる

2杯目のビールは1杯目のビールほどうまくない

仕事や試練やお金は、その人の許容量以上は来ない

レトルトカレーを空けるとき、端までうまく切れない

 

どうですか?
「人生のあるある法則」はいくつありましたか?

私は前記の90%当てはまります。

あと「1日1個甘いものを食べないと頭が冴えない」という法則は絶対です。

その他にも、「出掛けると雨が止む」などは最近わかってきたあるあるです。

この法則を利用して良い方向に導けるようにすることと、自分の法則を作り出し

『ゴールデンルール 〜勝利の法則〜』があれば、無敗の王者になれます。

でも自分の人生の法則を完璧に出してからにした方がいいですね。

弱点があると必ずボロが出ます。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

<リセット>

年の変わり目は大掃除、来年の目標を決めるなど、いつもやらないことをやる時期です。

いつも変わらずやっているトレーニングや趣味などは変わらずやると思いますが、この時期だから気持ちが切り替えやすいので、色々なことをリセットするチャンスなのです。

 

心のリセット

食生活のリセット

習慣のリセット

 

「新しい年に向けて!」と意気込むのではなくリセットするのです。

当たり前のように過ぎていく日々を改善する為、食事制限、ジョギング、筋トレ、早起き、、

というようなストレスを加えるのではなく、座禅を組んで心を静めるかのように、ダメな習慣を正すのです。

 

夜に甘いものやお菓子を食べる習慣。

どこに行くにも車を使い、なるべく入口近くに駐車して歩かないようにする。

夜更かしをして朝起きられず 2度寝する。

 

 

ダメな習慣を見直して、通常に戻すのです。

このリセットをするのに一番のチャンスがこの年末年始なのです。

と言ってもいきなりリセットするのは難しいので、まず初めに「○○をリセットする」と明確に決めることです。

そして徐々にリセットして行くのです。

その時できなかったからといって自分を責めず、決して罪悪感(ストレス)を感じないことが重要になります。

 

またリセットするにあたり環境の整備も重要で、リセットするべく状況を作るのは絶対です。

買わない、使わない、妥協しない。

 

 

リセットするこのチャンス。

来年に向けて早速何か仕掛けてみてはいかがでしょう。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |