とらまぐ-社長ブログ

とらまぐ通信の社長コラムを掲載しています。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< それってどうなの? | main | 目標とする人物像 >>

ルールブックには載ってない

ビクトリーロード
この道  ずっと行けば
最後は  笑える日が  来るのさ
ビクトリーロード

 

ラグビーW杯にはたくさんの興奮と感動をいただきました。

サッカーのW杯と違ったのは、選手の裏側(ロッカールームや私生活)などがテレビで見れて、かなり選手に親近感が湧きました。

そうした番組を見た後に試合を見ると、家族や友人を見る感覚に近く、一緒に感動して喜び、苦労や悲しみを共有でき、自然に涙が流れてきてました。

スポーツを観てこんな感覚になったのは自分が選手としてやっていた時以来で、不思議な時間でした。

 

ラグビーは対戦相手を尊重する気持ちが顕著に見られ、本当に心が洗われる気持ちになります。

プロレスラーの様な選手がお互いリスペクトして威張らず、謙虚で優しく、選手としても人間としても素晴らしいのがラガーマンの印象になりました。

 

前大会で南アフリカが日本に敗れた時や今大会予選でスコットランドに勝った時に負けた選手が列を作って日本選手を称える光景は胸を熱くさせました。

また、試合でレッドカード退場処分になった選手が試合後に相手のロッカールームに謝りに行く事はサッカーなど他の競技では考えられない紳士的な行動です。

スタンドのサポーターも特別で、敵味方混在して応援する光景は平和そのものです。

相手選手を“けなす”こともせず、逆に良いプレーには拍手をして相手選手をも応援するのです。

これらはいつから行われているのかわかりませんが、ラグビーという競技に関わる人たちは自然とそうした行動ができる、ルール以外のマナー精神を持っているからなのでしょうか。

日本の武道にもある「礼儀」もそれに通じるところはありますが、これがルールブックには無いスポーツマンシップということかも知れません。

 

 台風19号で試合が中止になったカナダ選手が 被災地に出向いて手助けをしてる姿は人間としてカッコよく、尊敬する象徴です。

その選手がインタビューで「ラグビーより重要なことをやらせてもらってる」という言葉には本当に感動させられ、自分がちっぽけに思え恥ずかしくなりました。

 

外見やプレーが格好いいからと真似する人は多いが、「行動」や「生き様」こそ、素晴らしい人の真似をするべきと痛感しました。

真似できるレベルになるまで時間が掛かりそうですが、、、。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック