とらまぐ-社長ブログ

とらまぐ通信の社長コラムを掲載しています。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 忘れない言葉 | main | 究極の暗記方法 >>

目標を達成させる為に

先日「Magical Dice(マジカル・ダイス)」というものをみんなで作りました。

12面体のサイコロに目標を達成する為に行うことを12個記入し、毎日それを振って確実に実施して目標をクリアするというものです。

 

あれから何人が毎日サイコロを振ってるか。。。

そして出た項目を実践しているか。。。

 

100日のうち85日実行できれば目標はほぼ叶うと言われています。

サイコロじゃ無くても毎日何か決めて実施すれば目標は達成されます。

でも「疲れてる」「時間が無い」などを理由に行動出来てない罪悪感たっぷりの人はいませんか?

安心して下さい。90%近くの人が実施できてません。

みんなができてれば、全員成功者です。

10人に1人しか目標は達成出来ないのです。

 

だから世の中で成功者と言われる人たちは1割を切るのです。

それだけ日々努力しても目標に近づくのは難しいということです。

「努力は裏切らない」という言葉がある一方で、「努力が報われない」という言葉もよく聞きます。

努力したら成功者になれるほど簡単なことではありません。

 

 

サイコロの話に戻りますが、目標達成する為に『何をするか』決めますが、この設定が悪くても目標は達成されません。

試験前日に徹夜をして寝不足で試験を受けるより、たっぷり睡眠を取って頭をスッキリさせた状態で受けるのとでは、かなりの差が出るといいます。

これは人によって違いがありますが、設定の内容が自分に則してるか見極める事が重要になります。

また実行する方法が適切かどうかも重要で、もしかしたらできない内容を設定してたら無駄になってしまいます。

○○へ行き・・・・」と言う設定で○○が無くなっていたら実行する以前の話になります。

 

一方、相反することですが、目標達成で「環境」に関することは自分では自由にコントロールできないので、あまりガチガチな内容を設定しなくてもいい気がします。

例えば「笑う」「片付けする」「親切にする」などアバウトな設定で目標に直接的に関係しなくてもいい流れを作る為には必要と思われます。

 

自分は中学、高校と日々筋トレをしていましたが、終わった証としてカレンダーにを付けたのを覚えています。

このカレンダーはいつも目に付くところにあるので、見る度にその達成感やる気を感じていました。

サイコロや目標を書いたメモをいつも見えるところに置いてモチベーションを上げることで1日を大切に行動していこうと思ってます。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toramagu.jugem.jp/trackback/144
この記事に対するトラックバック