とらまぐ-社長ブログ

とらまぐ通信の社長コラムを掲載しています。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 自分が望むなら | main | 目標を達成させる為に >>

忘れない言葉

仕事をしてる時“ふっ”と、「嫌なことは先にやる」みたいに急に昔言われた言葉が出てくることがある。

こうした忘れない言葉はみんなそれぞれが持っていて、経験に役立てたり、反面教師としたり、時にはその言葉を人に伝えるというぐらい自分に染みついてる。

 

みなさんには何個ぐらいそのような忘れない言葉がありますか?

それは良い言葉ですか? または悪い言葉ですか?

自分がよく思い出す言葉は以下です。

 

・謝ることは、お礼を言うより難しいんだ。よく自分から謝ってきた 中学の先生から

・(ゴルフ場にて)傾斜に沿ってクラブを振るだけ  仕事の関係者(年上)

・仕事のできる人は食べるのが早い(正しいと思ってない)   サラリーマン時代の社長

・客先と会食の時、ハシを使いながら話をしたら「お前は下品だ」と  客先の部長

・成功したければ、勢いのある人について行く   仕事関係の社長

・嫌われてる人の名刺を見せた時、縁起が悪いから捨てろ 地元の先輩

 

まだたくさんありますが、思い出したくない言葉もあるのでこのぐらいにしておきます。

 

でも何故こうした恩師でも無く、特別でも無い言葉が何度も何度もその状況になると出てくるのでしょうか。

多分気がつかないだけで心に響いたと思われます。

「頭を殴られた様な衝撃の言葉」「その言葉に感銘を受けた」という特別感はなく、「目からウロコが落ちる」という感じの簡単だけど、初耳的な感じぐらいの言葉の方が素直に入ってきて、いつまでも記憶に残ってるということです。

 

 

まだ人生先がありますが、どんな言葉がこれから記憶に刻まれるか楽しみです。

先日、上の子が下に「あきらめちゃダメだ!」とどっかで聞いたことのある言葉を真剣に伝えてました。

その言葉は上の子が小さい時によく言い聞かせてた私の言葉でした。

それを心に焼き付け他の人に伝える光景を見た時、とても嬉しく思いました。

自分の知ってる格言でも、座右の銘でも何でもいいからワンポイント的に伝えてあげることがその人にとって一生の言葉になるかもしれないと思うとやり甲斐あります!

 

自分に刻まれる言葉もあれば、人に伝える言葉もあります。

 

素直な意見を伝えて、それによって気づき、またそれを伝えるという連鎖はとても大切なことで、絶やさないようにしたいです。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toramagu.jugem.jp/trackback/143
この記事に対するトラックバック