とらまぐ-社長ブログ

とらまぐ通信の社長コラムを掲載しています。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 〜 人生のあるある法則 〜 | main | 〜 記念日 〜 >>

あなたは やってます?

人の顔を覚えるのって  得意ですか?

得意な人には共通点があって、どこか特徴を探すのです。

ホクロ、髪、おでこ、誰に似てる、など

 

マラソンする時  息をどっちで吸いますか?

鼻? 口?

 

試験の講習会などでノートを取る時  どのように記入しますか?

丸写し? 要点を自分でまとめて?

 

車の運転時に  何を注意してますか?

常に死角のバイク? 速度? 飛び出し?

 

色々質問しましたが、他人はやってるけど自分のやり方は違うというケースが多々あることを皆さんは認識していますか?

 

外見では判断できないが、人それぞれ意識してやってることがあります。

それをやってるか、やってないかの差がものすごく重要になります。

 

何を言ってるのかわからないと思うので、例をあげてみます。

 

 

電車に立って乗っている時、あなたは何をしますか?

一般的な人は、「揺れても倒れない様に吊革につかまる」という答えだと思います。

 

でも、他人を観察していると様々なシーンが見られます。

・バランスが崩れないように脚を開いて膝を少し曲げて立ってる人

・席が空くのを鋭い目で見回す人

・スマホで読書をしたり、仕事をする人

 

そして、もっと観察して見えない部分も想像してみると、もっと違う世界が見られます。

・指1本で吊革につかまり指のトレーニングをしてる人

・外の景色を見ながら面白そうな店を探してる人

・広告を見て情報を入れてる人

 

 

勝手な想像の部分はありますが、行動ひとつにしても自分と違うやり方、考え、動きをしてることがわかります。

 

 

最近ゴルフコースで打つときに、注意点を口ずさむことにしています。

「ゆっくり上げて、力を抜く」

「腹筋、グリップ、ウエイトシフト」

 

今まで感覚でしか打ってなかったのでミスが多かったのが、口に出すことでスコアが安定してきたのです。

 

ゴルフは「ミスをいかにしないようにするか」というスポーツなので、注意点は山ほどあります。

他の人は注意することを口に出してるかはわかりませんが、見えないところで様々なやり方をしているのです。

Aさんは、なんで簡単に打ってるけどミスしないんだろう?」

と思ったので質問したところ、「見えないところで注意してる」という話を聞けました。

 

クラブを少しだけ短く持つ

重心をかかと寄りにする

スタンスを狭くする

右目でボールを見る

ボールを右足よりに置く

 

わからないところで、そんなに色々やってるんだと、自分が全くやってなかったので衝撃的を受けるとともに、「もっと早く気がついてれば、差を付けられなかったんだ・・・」と悔しい思いをしました。

 

他人は気がつかないところで、色々工夫しながらやっているのです。

学生の頃、テスト前日、「昨日勉強しなかったよ」と言って、いい点取ってる『隠れ勉強家』がいましたが、見えないところで努力してる人はいるんですね。

 

なぜかその努力してるところは恥ずかしいからか、見せない人が多いが、塾とかスポーツのスクールに行くと、人がこっそりやっている『隠れたポイント』を教えてくれるのです。

 

 

人に好かれようと思って人前でしか努力や苦労をしない人がいますが、人が見てないところで努力することは、やろうと思ってもできることではありません。

 

トイレに入ったときに綺麗に掃除して出るか。

ゴミが落ちていたら拾うことができるか。

困ってる人がいたら率先して助けてあげられるか。

 

できるかどうかの能力は関係ありません。

行動に於いて、少しプラスしてできる人間になり、何事に於いても『ひと味違う』格好いい人間になりたいです。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toramagu.jugem.jp/trackback/139
この記事に対するトラックバック