とらまぐ-社長ブログ

とらまぐ通信の社長コラムを掲載しています。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 〜 神様、仏様は いるのか 〜 | main | 〜 ルーティン 〜 >>

◎友達と仲間◎

もうすぐ春です。
この時期になると、だんだん暖かくなってきてワクワクするような気分になったり、お別れもあるので、なんとなく淋しい気分になったりする不思議な時期です。
そして、寒暖差がまだ残る時期なので風邪を引きやすく、心身共に気を遣いたい時期でもあります。

 

10代の頃友達は多かったが、今は友達ではなく仕事仲間だったり、知り合い程度の関係が多く、友達はほとんど増えてない。

その友達とはほとんど会ってないので、10代の頃とは環境が別世界です。


でも今の仕事仲間とは、生活(人生)を賭けて日々頑張っているので、友達以上の関係になります。
友達となれば気が合うので何でも共有でき一緒にいて楽しいという関係ですが、仕事の仲間は年齢も性格も経験も違うので、「仲良く楽しくする」というより「家族のように絆で結ばれてる」という感じです。
なので仲が悪く話しもしないという関係もあれば、リスペクトして真似して追い越すみたいな関係もあります。

 

切磋琢磨、叱咤激励、反面教師など、様々な関係があります。
どんなにぶつかり合ったり、嫌いになっても、絶対に揺らいではならないのが「志(目標)」です。
自分は、何の為にこの仕事をしているのか。
自分がしなければならない事は、何なのか。
自分に何を期待されているのか。
これがすぐ答えられないと家族としての関係は良くなりません。
みんなが自分のことをよく理解し、自分の能力を知ることが良い関係を生みます。


「同族企業」は一般的に知られていますが、友達と一緒に作った会社、すなわち「友人会社」という分類はありません。

「同族企業」のように一般的に広まらないのには意味があります。
その答えは簡単で、“友達同士の会社はうまくいかない”ということです。
なぜうまく行かないケースが多いのか。
それは友達同士だと、同じ性格や同じ考えなのでぶつかってしまうのです。
夫婦も似たもの夫婦より違う性格の方が良いとも聞きます。
「お互いが補い合う関係」がベストなのです。


性格や考え方が合わなくてイライラすることがありますが、完璧な人間はどこにもいません。
処理能力が優秀なロボットでも感情が無いので完璧ではありません。
なので、全て自分だけで解決することは不可能であり、やろうとすること自体ナンセンスなのです。


持ちつ持たれつ、お互いをフォローしながら仲間とチャレンジし、大きな課題をクリアする。
そして喜びも、苦しみも共有できる仲間を増やして行くのが人生の面白いところなんですね。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toramagu.jugem.jp/trackback/128
この記事に対するトラックバック