とらまぐ-社長ブログ

とらまぐ通信の社長コラムを掲載しています。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 人生で一番大切なものは | main | 〜 神様、仏様は いるのか 〜 >>

人生あと何年ですか?

それぞれの人生が刻まれ、そしてそれぞれの人生をあと何年刻んでいくのでしょうか。。。

 

生まれてから今まで、多くの人と関わり合ってきました。

生まれた段階で既に親との関わりがあります。

そして幼少期の思い出となる友達との関わり。

物心がついてくると先輩や恩師との関わり。

そしてライバルや恋人との関わり。

成人になった頃から全てに関わります。

加えて結婚、出産などから仲間が増える人も出てきます。

また社会人になり、会社の仲間や上司との関わり。

 

その後にはどんな人との関わりが加わるのでしょうか。

趣味の人との関わり。

人生後期になると、子供の結婚相手や孫との関わり。

 

人との関わりは人生と比例して増えてくるように感じますが、実際は山なりに落ちて少なくなってくるのです。

人によってそのピークが早い遅いはあり、中にはピークが死ぬまで右肩上がりという人との関わりが途切れない人もいます。

 

 

「人生あと何年か?」

考える人はいないと思います。

なので敢えて考えてみてはいかがでしょう。

私は目標72歳(誕生日が7月2日で18の倍数)まで人生を謳歌したいと思ってます。

そして今から31年後の78歳まで生きられたら十分かと思いますが、まだ元気があるならば仏の煩悩の数108歳を目指します。

 

 

これからまだまだ色々な人と関わり、色々な経験をし、そして人生に頑張った証を刻んでいくことでしょう。

その人生を更に充実したものにする為に、『笑顔と喜び』を考えて行動するだけで、全然違う日々が送れます。

例えば、料理を作るとしてもニンジンを♡型に切るとか、キレイな皿に盛りつけるなどで食べる楽しみが増えます。

また、出かける時も車に2,3時間黙って乗っているのではなく、DVDを借りて見たり、歌をうたったり、美味しいものを食べたりと、ちょっと考えて行動するだけでいいのです。

難しいことは何もありません。

ただ楽しむだけです。

 

日常生活の中で思い出に残ることは悪い事が多くなりがちですが、この考えて行動することで、楽しい事が記憶に残り、常に楽しく過ごす習慣が身につくのです。

 

 

この先の人生、せっかくの人生、いずれにせよ楽しい方がいいですよね。

 

何か行動する時、ちょっと面白いことを考えてプラスしていってみてください。

 

2017年 2018年 2019年 2020年・・・・・

 

待ちの人生ではなく、『笑顔と喜び』と手に入れる為のちょっとの行動をして、楽しい人生を送りましょう!

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toramagu.jugem.jp/trackback/126
この記事に対するトラックバック