とらまぐ-社長ブログ

とらまぐ通信の社長コラムを掲載しています。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 少しの無理 | main | 人生あと何年ですか? >>

人生で一番大切なものは

『人生で一番大切なもの』は、なにか?

滅多にそんなことを考えないと思うので、2016年のこの時期に整理してみてはいかがでしょう。

 

『一番大切なもの』それは、人生に与える影響力がとても強い。

それは、お金か、健康か、家族や仲間か、知識や情報か、それとも運か、心か、プライドか、地位や名誉、権力か、、、

 

『人生で一番大切なもの』は人生を幸福にしてくれるものなのか?

『人生で一番大切なもの』は人生に絶対必要なものなのか?

『人生で一番大切なもの』は誰でも手に入れることができるものなのか?

 

「人生の目的は何か」というアンケートの回答データが以下にあります。

80%以上の人が「富を蓄える事」と答え、若者の50%は、「有名になる事」と答えたそうです。

この回答にはかなり疑問がありますが、「目的」「大切なもの」には大きな違いがあるのは間違いでは無さそうです。

ある研究機関が出したデータがそれを物語っています。
何万という人をサンプルに収集した「人生の目的」「人生で大切なもの」の違いがわかる結果があります。

『人生で一番大切なもの』は、「富」でも「名声」でもなく、「良い人間関係」という結果でした。

本当にそうなのか?
お金や健康ではないのか?

 

会社の経営者でお金を持っていても人間関係がダメな人や、元気があってバイタリティーに富んで魅力的だが自己中心的な独裁者という人は結構います。

いずれの人も「良い人間関係」を作れる人であればいい人生を送れたのではと悔やまれます。

「人間関係を構築する」というのは誰でもその気になればできるということです。

 

そのコミュニティがその人を孤独から解放し健康や長生きを手に入れたというデータもあります。

「ハーバード成人発達研究」による75年の調査研究でわかったことは、幸せの鍵をにぎるのは「良好な人間関係」に尽きるということなのです。

 

またアドラーの心理学でいう「人間の悩みは全て対人関係の悩みである」ということにも合点がいきます。

親子の溝、パートナーや親戚とのトラブル。そして職場での人間関係、友人や近所との関係。

これらで困っている人はたくさんいます。なかには人間不信に陥ったり、引きこもってしまう人もいます。

定年退職後に幸福な人は、仕事仲間に代わる新しい仲間を作った人たちだというデータがあります。

いつでもどこでも「新しい仲間を持とう!」とする意欲が本人を幸せにします。

人間関係に問題を抱え、決して良好とは言えない人はたくさんいます。

そんな人の中で、「仕事さえキッチリやってれば、周りの人は認めるはず」という考えで、人間関係を後まわしにする人がいるが、できれば今日からでもコミュニティを最優先しよう。

出来る事は無限にあります。

PC、スマホで浪費する時間を、良い仲間との時間に充ててみてください。
何年も話していない家族や兄弟(姉妹)に連絡を取るのも1つです。

 


そして「良好な人間関係」ということを探っていくときに間違ってはならないのが、良好な人間関係を作るポイントは、数ではなく質であるということです。

その親密な人間関係は人生に大きな影響を及ぼします。

 

人間関係と健康に関して分かった事は、良い関係は身体の健康だけでなく脳をも活発に刺激してくれるという事です。

良い人間関係といっても、100%考えが一致し話しが合う訳ではありません。

でもお互い頼り合えると感じることが、苦難に遭遇しても乗り越える原動力になるのです。

 

 

人生の途中で様々な誘惑や欲望に気持ちが流され本筋を見失うことが多いが、いろんな経験をすることで『人生で一番大切なもの』の真実が見えてくるということです。

 

良い人生は、良い人間関係で築かれます。

 

『人生で一番大切なもの』を考えてもらう前に答えを出してしまいましたが、ピンとこない人はまず“目的”に向かって進んでみてください。

その過程で一番大切なことに気付くと思います。

 

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toramagu.jugem.jp/trackback/125
この記事に対するトラックバック