とらまぐ-社長ブログ

とらまぐ通信の社長コラムを掲載しています。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< ***腐ったみかん*** | main | 〜負けず嫌い〜 >>

〜死後の世界〜

 
天国と地獄
自分は死後どちらに行くのだろうか・・・
 
いいことをしてきた人は『天国』へ
悪いことをしてきた人は『地獄』へ
 
そういう話を昔からされてきたが、いつの間にか概念が埋め込まれている。
以前聞いたのは、死後の世界というのは「魂に返る」ということで、魂を宿る前に戻ったということらしく、天国や地獄のような世界的なものは無いそうです。
 
死後に魂となりこの世界を見ることがあるとか、幽体離脱とかの話がありますが、実際には生き返った人がいない限りわかりません。
病院で死後の世界と現実を行ったり来たりする話や三途の川を渡る話はよく聞きますが、それは空想の話で、宇宙人はこんな感じでとか、UFOの写真などを見た経験があるとそれに似た風景が夢に現れたのと一緒かと思います。
 
 
それでと人間の生涯を考えた時、もしかしたら「今の現実が天国であったり地獄であったりということなのか」と感じました。
全ての人が生まれてからあらゆる努力をしてきました。
努力と言っても義務的なものでは無く、生きる為に必要なことです。
母乳を飲み、寝返りをして、立ち歩き、、、
またそれとは別の努力で、病気と闘ったり、勉強したり、練習したりしました。
この努力であったり闘ったりすることを別の見かたをすると「地獄」試練なのかと思います。
 
逆に楽しい事や嬉しいことも多々あります。
些細な感動や喜びは気づかないかも知れないが、これは「天国」と言ってもいいのでは無いでしょうか。
 
そのように現実を見ていくと「天国や地獄は現実のこと」ということになります。
幸運で人生を最高に楽しむ人や罪を犯してしまいそれを償う人もいます。
それは運命で決まりますが、その運を上げるには魂になった方々に対する感謝の気持ちを持つことです。
「死後の魂は無限の力を持っている」と聞いたことがあります。
すがるのでは無く、ただ単にこの世に生まれた事への感謝をするだけです。
 
墓参りには毎月行ってますが、日常で先祖を感じることがよくあります。
見守られてる様な感覚です。

現世を天国のように楽しく生きる為に感謝の気持ちは忘れないようにしたいです。
 
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toramagu.jugem.jp/trackback/118
この記事に対するトラックバック