とらまぐ-社長ブログ

とらまぐ通信の社長コラムを掲載しています。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< −人間の寿命− | main | ***腐ったみかん*** >>

〜 5歳までの記憶 〜

 
みなさんは何歳までの記憶がありますか?
 
ある人は、「母乳を飲んでた事を覚えてる」と言ってます。
また別の人は、「お腹の中で浮かんでた」ことを話します。
上記の2者は特殊だと思われます。
一般(多数)としては、小さい時(何歳か不確定)に友達と遊んだ事や、どこかに出かけたとか何かを作ったなどの記憶が残ってるようです。
 
乳児期(3歳まで)の事を覚えてる人は少数で、それが本当の記憶なのか、それとも何かのきっかけで脳にインプットされたものなのかはわかりませんが、母親の心音を聞いた事を覚えてる人は、母体の中にいるときなのか、だっこされている時の記憶なのか覚えてる人は無に近いと思います。
 
 
乳幼児期の記憶は大きな編目のザルでどんどん消えて行ってしまうようで、大人の記憶は細かな編目のザルで、記憶が残るようになっているようです。
簡単にまとめると、
乳幼児期の記憶 ・・・ 本能、無意識
5歳期以降 ・・・ 考えた行動
 
これが全てだと思います。
成長著しい乳児期の脳は細かいことまで記憶して無いのです。
この頃は本能に任せて動いてるので何でも口に入れたり、高いところから落ちたりするのです。
本能で行動を学んでるのです。
五感も本能で記憶してるので、美味しかったものや気持ちよかったことなどは映像として覚えてません。
 
その記憶の方法に変化が現れてくるのが2歳ぐらいからで、ちょうど言葉も覚えてくる時期なので、音声・映像がインプットされ記憶に残りやすくなります。
暗記もこの2つを使用すると飛躍的に覚えが違うのがそういうことなんでしょうね。
 
それにしても子供の脳には隠された才能と未来への希望が詰まってます。
子供は3歳までに人間の基本的部分が形成されると言いますが、そうとは限らないと思います。
無意識でできるようになるには重要な時期かも知れませんが、やはり脳に記憶する4歳からの方がもっと大切な時期かと思います。
 
人間はコンピューターではありません。
でも初期不良はあります。
それはトレーニングでいくらでも伸ばす無限の可能性があるのです。
 
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toramagu.jugem.jp/trackback/116
この記事に対するトラックバック