とらまぐ-社長ブログ

とらまぐ通信の社長コラムを掲載しています。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< ☆☆☆ アメリカと日本 ☆☆☆ | main | −人間の寿命− >>

<人間の病気>

人間は独りでも、みんなといてもストレスは感じます。
知らずにいろんなことを考えたり、悪いことを想像したりしています。
「病は気から」と言われますがこれらのストレスで病気になることも少なくありません。
また人間は様々な病気を持ってます、悪口、ウソ、批判、自慢、要求、支配、ねたみ、ネガティブ、、、
これらは生まれてから感染したものであって遺伝ではありません。
親、友人、その他の環境から徐々に感染していた病気です。
自分の周りにこれらの病気を持っている人は何人いますか?
病気の人と一緒にいるとパワーが吸い取られかなり疲れます。
 
伝染病は感染しないよう十分な隔離や対策が必要ですが、上記の病気に対しての対策は全くされていません。
「腐ったリンゴ」の話と一緒で近くにいる人は徐々に感染していきます。
しかもこの病気に効果的な薬が無いのです。
 
ところで、現代病といわれるメタボ、アトピー、花粉症、うつ病、水虫、暴力行為、集中力欠如、不眠症、、、
全てがそうではありませんが食事が原因と言われています。
好き嫌いもそうですが『偏食』『変食』がこれらの病気を引き起こしてるそうです。
 
食事は本当に大切で、体を構成する重要なエネルギーでありビタミンです。
今ではサプリメントや飲料などでそれを補うことは可能ですが、やはり基本になるのは食事です。
塩分、糖分は控えめにしなければなりませんが、バランスの取れた食事に勝るものはありません。
疲れたからと甘いものを大量に摂取したり、肉ばかりの食事をした後の体は酸化して汗が臭くなり血圧が異常になったりします。
実際ガンの人がソファーに座っていると、体から出る抗がん剤がソファーの表面に付着し変色してきます。
それほど口にするものはダイレクトに体に影響を及ぼすのです。
ある国で売られている劇薬で洗った真っ白な食品を口にしたらどんなことになるか容易に想像できます。
 
このように食事や環境であらゆる病気に感染してしまうのです。
食品に『猛毒注意!!』と貼ってあればわかりやすいのですが外見からでは見分けがつきません。
病気の人も外見だけでは判断できませんが話してみるとすぐにわかります。
病気な人は比較的「傲慢(ごうまん)」な人が多いのです。
色んな知識が豊富で他人より優れていると思っています。
また何事も人より器用にできると感じているのが特徴です。
本当に知識が豊富で器用に何でもこなすスーパーマンは存在します。
そういう人は必ず謙虚で自分に自信がある人です。病気とは縁遠い人です。
病気な人は「勘違い」をしてるのです。
 
そして好き嫌いが多い人も病人傾向にあります。
常に感謝と喜びを感じられない人は病気になりやすいということです。
美味しいごはん、人との関わり、笑顔でいられることの全てに有り難みを感じることがとても大切でそれが健康でいられる一番重要なことです。
 
日本の平均寿命が80歳を超えました。
でも昭和の高度成長期には現代病は今より比較にならないくらい少なかったはずです。
それは現代のように何でも手に入る時代では無く贅沢が言ってられない時代だったのです。
何事にも感謝をして家族兄弟や近所と協力していたのです。
だから心も清らかで現代のような病気が少なかったのではないかと思います。
 
時代を逆行するつもりはありませんし過去に戻る意味もありません。
でも気持ちやつき合いはいつまでも日本の『古き良き時代』のままが心地いいですね。
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toramagu.jugem.jp/trackback/113
この記事に対するトラックバック