とらまぐ-社長ブログ

とらまぐ通信の社長コラムを掲載しています。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 〜 安全大会でなぜ 〜 | main | <人間の病気> >>

☆☆☆ アメリカと日本 ☆☆☆

アメリカは世界でトップの経済大国で、世界中をコントロールしてると言っても過言ではないでしょう。
日本もアメリカに学びあらゆる産業を発展させています。
インターネットに始まり、飛行機、宇宙開発などもアメリカが見本になってます。
 
真似することは別に悪いことではありませんが新規性は感じられません。
また新たな技術ではないので個性もなく差別化が難しくなります。
アメリカの真似ばかりしても日本人は日本人です。
真似することが多い中でもしっかりと継承されているものがあります。
日本料理はその代表です。
今は全世界が日本食ブームになっています。
 
 
アメリカと日本、他にも大きな違いがいくつかあります。
・大学に簡単に入学できるのはアメリカ、簡単に卒業できるのが日本。
・車のハンドルがアメリカでは左、日本は右についてる。
・英語と日本語。
 
これらの違いには、真似すべきところもあれば反面教師にしたいこともあります。
いいところは取り入れて自分のものにしておきたいです。
 
その真似しておきたいところとは英語の文法です。
英語はYES−NOがはっきりしてわかりやすいと思います。
この文法を日本語に取り入れたらかなりわかりやすく、インパクトのある表現ができるのではないでしょうか。
特徴的なのは動詞が前にくることです。
『私は−行く』という感じです。
これは『行く』ということを始めに決めてます。
『遅れるかも・・・』とか『間に合えば・・・』などのような言葉の前にまず『行く』と決めるのです。
なので“優柔武断“にはならないのです。いい訳もできません。
こうした考えのもと日々話をしていると脳が活性化され、スッキリしてきます。
 
I DO! =『おれは やる!』
 
まずは決めて動く!
しっかり決断をして、肩こりのない人生がいいですね。
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toramagu.jugem.jp/trackback/112
この記事に対するトラックバック