とらまぐ-社長ブログ

とらまぐ通信の社長コラムを掲載しています。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< レジリエンス 〜 精神的抵抗力 〜 | main | 〜 運気アップ 〜 >>

〜 リアル人生ゲーム 〜

スポーツでも勉強でも頭がいい(IQが高い)方が上位にランクインしている事を18歳ぐらいに気づき愕然としました。(特に作戦、戦略が必要な競技)
努力とか練習量とか勉強した時間とか関係なく、根本的な頭の中身である「考え方」「理解の仕方」「処理のスピード」が若いうちはダイレクトに成績に跳ね返る。
 
そして歳を取るにつれて重要になってくるのが「心」
本番に強いとか、粘り、自信などの精神状態が安定している人ほど好成績になります。
 
次の段階では、チャレンジ(経験)する数が多ければ多いほど揺るぎない強さになっていきます。
 
 
自分がどのタイプだか考えると、アスリートでもプロでも無いのでどれにも当てはまらないタイプの人も当然います。
失敗したくないからチャレンジしない 「負けず嫌いな高プライド型」
競争して相手を負かす勝負が嫌いな「平穏型」
なにもしたくないからやらない「なまけものタイプ」
興味がある物以外ぜったいやらない「あまのじゃくタイプ」
 
 
人間「十人十色」と言われますが人それぞれです。
生まれた環境や、生き方、経験数、、、誰一人として同じ人間はいないのです。
でもなぜ本屋さんの「成功哲学」「金持ちの法則」「7つの習慣」というタイトルの本が売れるのでしょうか?
人それぞれ違うなら、同じ本を読んでもみんな成功できるはずが無いと思うのが当然だと思います。
でもナポレオン・ヒルという成功者をご存じだろうか?
彼はただの新聞記者だったが、成功者の話を20年間聞き続けていたら自分が成功した実話があるのです。
 
ナポレオン・ヒルの著書
・思考は現実化する(全世界で7000万部を売り上げた)
・巨富を築く13の条件
・成功哲学
 
その中身は自分の経験ではなくインタビューした内容をまとめたものなのです。
ということは、成功する人にはそれなりの共通点があるということです。
それと同じく、失敗する人、負ける人、逃げる人、笑いものになる人、、、
これらの人にもすべてルール(法則)があるということです。
本に書いてあるかはわかりませんが、今までの経験から以下は共通してることだと思います。
 
成功したければ成功してる人と付き合う
幸せになりたければ幸せな人と付き合う
元気になりたければ元気な人と付き合う
 
 
これらは自分に才能や能力が有る無しに関わらず、周りからパワーをもらうということなので誰でもできます。
もしかしてこれらを実行してないとしたら本気で考えていないのかも知れません。
「自分が本当に幸せになれるはずが無い」
「元気になったら疲れそう・・・」
「幸せって、今でもそんなに悪くないから」
この様な気持ちが少しでも心にあったらそれは絶対無理です。
 
 
『自信が無いからやらないのではなく、自信は持つもの』という格言があります。
成功、幸せ、元気  これらをたくさん、いっぱい、満杯、大量にもらったとして問題ありますか?
余れば分ければいいだけのことです。
まず自分で少しでもそれを手に入れてみましょう。
それから考えても遅くは無いし無駄には絶対なりません。
 
 
やり続ける
自信を持つ
あきらめない
素直に戻る
     
これが基本であり全てです。
 
自分の年収は、自分の付き合う人の年収の平均額だそうです・・・・・。
- | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

たまたま、たどり着いたブログを読ませて頂きました。
共感できるし、いろいろ想像しながら考えられて
面白いろいです&#128522;
今日発見したばかりです&#128036;
これからゆっくり、熟読させてもらいます&#128521;
社長の熱意が読んでるだけで
感じとれました&#128522;
にここ&#128522; | 2015/01/08 12:48 PM
このブログを掲載してる岩井徹です。
初めていただいたコメントで気がつかず失礼しました。

個人的な意見や考えを書かせてもらってるだけですが、共感していただけてとてもうれしく思ってます。

現在私は充実した人生を送っています。
人生について前向きに考える”にここさん”も同じく充実した日々を過ごされてることを願います。
コメントありがとうございました。
「にここさんへ」 | 2015/07/29 10:57 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toramagu.jugem.jp/trackback/106
この記事に対するトラックバック