とらまぐ-社長ブログ

とらまぐ通信の社長コラムを掲載しています。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |

〜 義理人情 〜

年末年始の挨拶、冠婚葬祭の志など、義理堅くしてくれる人にはいつも感心します。

形式的なところはありますが、気持ちが伝わります。

 

ところで「義理人情に厚い」など「義理」と「人情」はセットで使われることが多いですが、言葉の意味は別物

「義理」 ・・・ 自分の意思は関係なく定められたもの

「人情」 ・・・ 自分の意思で考える、感覚的なもの

 

現代では自分の意思と行動が伴わない無気力なロボットのような人間が多くなってきた様に思う。

また、一般常識を教わらなかった非常識人間も増えてきた。

だから普通の付き合いができず、薄っぺらな人間関係が多く見受けられる。

「〇〇が金を返さないからもう一緒に遊びたくない」「あいつは人の悪口ばかり言ってるので一緒にいると気分が悪い」「〇〇は自己中なので関わりたくない」

親友とか、信頼関係という言葉とは程遠い人間関係が増え、心の関係が薄らいでる気がするのは残念ながら間違ってはなさそうだ。

 

その心に「情」は無いのか・・・

その心に「和」は無いのか・・・

その心に「感謝」の気持ちは無いのか・・・

 

10年、20年、30年と過ごしてきた人生の中で様々な経験をして、どの位成長できたのか?

考え方や人との関わり方がどれ程できるようになったのか?

「大人になった」「成長した」「丸くなった」という言葉を聞くが、それはこの大切な期間を有意義に過ごしてきた人に適合する。

歳を重ねると泣きやすくなるが、これも「情」や「愛」が心に形成された証拠。

 

話を戻して「義理」があるから「人情」をかけるのは形式的なことで、「義理」の前に「人情」が優先しても良いのでは? と思う。

義理は切っても切れない関係だから無視はできないが、人間関係を友好的にするのであれば、もっと「情」を前面に出して行動することがベストな気がする。

損得勘定を全く無視した行動は相手に感動を与え、心から信頼できる関係が築かれる。

 

モノに「情」が湧いて捨てられなくなるということがあるが、義務でやってる仕事より、心から感謝してする仕事の方がやり甲斐もあるしいい仕事ができる。

またそれに関わる車両や工具にも愛情が湧き、大切に使うことで質の高い結果が生まれる。

 

何事でもそうだが、”やらされる”ということより”やらせてもらう”という感謝の気持ち、謙虚な心、これが有るか無いかで結果に大きな差が生まれ、そしてそれに関係する人間関係も深いものになることは明らかだ。

 

心の持ち方で、ロボットのような人間にもなれるし、情熱溢れるみんなに慕われる人間にもなれる。

どちらの人生が得で楽しいか言うまでもない。

 

「言われてないからやらない」という操られたロボット人間は止めたらどうだろう・・・。

笑顔溢れる感謝の気持ちに満ちた日々がどれだけお得な人生が味わえるか試してみる価値は十二分にある。

 

義理は愛を生まない。

愛情を与え、幸運を生み出す体験を何度も味わって欲しいと思う。

悪い行いは敬遠され身方も運も笑顔も愛もゼロになるだけ。

良い行いは無限に増え続け、充実した楽しい時間が永遠なものとなる。

 

そんな毎日の人生って素晴らしい。

自分も周りもみんなキラキラできるように本気で願ってる。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

「折れてしまう」原因

年末で忙しくなってる人も多いと思いますが、ストレス溜まってませんか?

 

職場でのストレスは仕事の効率を妨げ、体調を壊す原因にもなり、社会問題化してるほど現在では各社が気に掛けてる部分です。

 

しかし日常生活においてストレスは絶対無くなりませんし、もしストレスフリーの状態が続いたとしたら人間は弱くなります。
身の回りにはあらゆる“菌“がまん延していますが、これを無菌状態にすると人間は少しの菌に触れただけで病気になります。

それと同じようにストレスも生活の一部として捉えなくてはならず、ストレスを無くすのではなく、ストレスに強くなるようにする事が望ましいのです。

 

うつ病など心が折れた状態になってしまうのはストレスが原因だと考えられていますが、その一番ストレスを増大させてしまうのは疲労と睡眠不足だそうです。

仕事が忙しく、人間関係のストレスを多く抱えている人でも心を休めて十分な睡眠を取った場合は心が折れることは少なく、逆に疲労と睡眠不足が蓄積してしまうと突然体調を崩してしまう事になります。

 

仕事ができる優秀な人ほどそうなることが多いのは、責任感が強く、無理をしてしまうからと考えられます。

多少の無理はスキルアップにもつながるので必ずしも悪いことではありませんが、頑張りすぎてしまうと疲労が蓄積し、意思とは関係なく脳が危険を感じストップを掛けることで気力を低下させ、集中力が無くなるということに陥るのです。

 

なので、ある程度の時間で休憩を取ることは絶対に必要で、仕事の効率を上げる為にも『気分転換』はサボるのでは無く、良いことなのです。

だから車を長時間運転していると疲労でイライラしたりすることが多くなるので、途中で休憩する必要があるのです。

 

そして休憩と同じぐらい大切なのは「水分補給」です。

のどが渇いてなくてもこまめに水分を補給することは有効で、水分補給しないと血流が悪くなり、それが疲労の原因につながると考えられています。

 

これらを意識してる訳では無いが、睡眠の質を良くする為にこの季節は靴下を履いて寝るようにしています。

また寝る直前まで液晶を見ることは睡眠に影響するので絶対にNGです。
気がつかないうちに疲労を蓄積させないよう注意して下さい。

ストレス解消で良かれと行っているスポーツやゲーム、飲酒に喫煙、これらにも十分注意したいところです。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

挫折=真剣

長い人生で、悩みや挫折は付きものです。

期間や規模もそれぞれですが、「朝の来ない夜は無い」という言葉の通りで、時間や環境、そして自分の考えが解決してくれます。

 

この中で「自分」にフォーカスしてみると、“悩み”というものは自分の事であり、他人の悩みで悩むことはありません。

全て自分の考えやこだわりが満足のいくレベルにないと納得がいかず悩みが出てくるので、悩みを解消するには気持ちをニュートラルにすれば悩みは無くなるということです。

「そんな簡単なことじゃない」と悩みの真っただ中にいると周りが見えなくなってしまうけど、常に第三者目線、他人事の様に過ごしていれば、悩む事はほぼ無くなります。

 

でもこれにはデメリットがあります。

それは「無気力」に近い感情になる可能性が高いのです。

 

なぜ悩むのか。

なぜ挫折するのか。

 

その答えは「真剣」に生きてるということです。

真剣に練習したり、真剣に勉強したり、真剣に作ったり、真剣に考えたり、問題意識を持ってやっているからこそ悩みや挫折が出てくるのです。

「真剣」にやらなければ、悔しくもなく涙すら出ません。

「真剣」にやらなければ結果は期待しないので、悩む事はないのです。

 

真剣にやって悩むか、適当にやって悩まないか。

どっちがベストなのか?

 

意見は分かれると思いますが、最初から逃げるのはどうなのかと思います。

やはり「真剣」に向き合いチャレンジしてみた方が、気持ちも成功した時の喜びも違います。

 

悩みや挫折は「真剣」にやった先にあるものです。

そして真剣にやることで得られるものはたくさんあります。

 

挫折を恐れず何事にも「真剣」に取り組んでみて下さい。

今まで気づかなかったこと、感じなかった思い、そしてアドバイスや出会いなどと出会えるチャンスがそこにはあります。

 

ワクワク、ドキドキの人生。

楽しみでしょうがないです!

失敗したら、その時また考えましょう。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

「ゾーン」に入るには

何か集中している時に、時間がゆっくり流れる感じがしたり、周りが凄く静かに感じたり、自分の思い通りのストーリーが夢を見ているように進んだりした経験ありませんか?

そんな時をいわゆる「ゾーン」と言われてますが、記憶を辿ると大小思い出すことが数回あります。

 

サッカーの試合でゴールを決めた時、シュートを打つ前にキーパーが止まって見え、どこが空いてるかわかり、簡単にゴールを決めた時が数回。

あと小学生の頃、公園で野球をしていて毎打席ホームランを打った時があり、その時の映像は今でも覚えているぐらいボールが大きくゆっくり見えました。

その他スキーでデコボコの斜面を滑る時、人の頭上をジャンプして越え、猛スピードで滑走した時は危険という気持ちは全くなく、とにかく集中して絶好調だったので、思い通りになったという感じです。

 

その時の状況を分析してみると、まず集中していたのは間違いなく、またアドレナリンが出ていたせいか、体の切れが良く、頭に好きな音楽が流れていた様な気がします。

 

自分の場合はスポーツでの経験でしか思い浮かばないが、試験や勉強の時も集中しているとそんな感じになると思います。

 

・音楽を聴く

・瞑想する

・深呼吸を数回

 

 

この「ゾーン」への入り方をマスターすれば、いつでも最高のパフォーマンスができるということになります。

最近では「メンタルトレーニング」として心を安定させれば成績は良くなる事はわかってきました。

この脳や心を思い通りにコントロールできるように生活習慣や何かを行う時の「やる気スイッチ」を押すタイミングなどを自分のものにできれば、楽にモチベーションを上げることが可能です。

 

自分流の「ゾーン」への導入方法をあみ出し、仕事のスペシャリストとしてカリスマ的な存在になってください。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

未来から来た人

先日「2040年から来たという未来の人と会いました」という話を聞きました。
その未来人は、気配で、いい人、悪い人がわかる能力があり、名刺を触っただけでその人が出世するか見極めることができるそうです。
でも未来から来たって、うさん臭い話と思いますよね。
平成から変わる年号を聞いて合ってれば信じられないけど未来から来た証拠になるので、聞いたらしいです。
教えてくれませんでしたが、、、


なので、私も未来人として発表したいと思います。
次の年号は、
『円学玉金上正生天文立楽活京元公広光高合才社心幸始真進礼』
この中から選ばれます。


さて、次の年号は何だと思いますか?
ヒントは頭文字にT・S・Hは付かない文字

 


答えは『光上(こうじょう)』

 


来年驚くことになりますよ。
未来人がいることに。。。


バブル後の暗黒時代である平成が終わります。
目まぐるしく変化した30年を振り返ると懐かしくもあり、自分を成長させてくれた30年でした。
昭和に生まれ、平成で経験を積み、次で熟成する。
あと10年後、どうなってるか気になりませんか?
この30年は当社が生業とする通信が進化した時代です。
これからの時代は何がどうなっていくか考えただけでワクワクしてきます。


あ、未来人の私は10年後どうなってるのか知ってますが、公表すると歴史が変わってしまうので言えません。
でも少しだけ様子を伝えると、機器が発達し生活や環境も一変してる一方で、今よりコミュニケーション(人と人の関わり)が密になり、そうしたアナログ的な「心のつながり」はずっと大切にされ続けます。
人間がAIに侵略されるという仮説もありますが、心のつながりの大切さを知っている人間が消える事はありません。

血が通ってる家族や、心でつながってる仲間がバラバラになるどころか、より結束が固まり愛情で溢れた世の中に向かっていくのは間違いありません。

 

これから益々医療が発達し100歳寿命の時代が来ますが、100年があっという間に過ぎるぐらい楽しい時代が待ってるのは素晴らしいことです。

 

現代を楽しい未来につなげる為、1年後の楽しい生活、3年後の成長した自分を想像して日々を大切にし活力のある日常を満喫しましょう!

 

壮大なスケールの話になってしまいましたが、未来人は今もあなたの近くにいます。。。

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |