とらまぐ-社長ブログ

とらまぐ通信の社長コラムを掲載しています。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |

〜 人生のあるある法則 〜

下を読んで、当てはまるのはいくつありますか?

人生の「あるある」をまとめてみました。

 

2度あることは3度ある

洗車すると雨が降る

傘を持っていけば雨は降らず、傘を持っていかないと雨が降る

自分が並んだレジや列がいつも遅い

試験直前に覚えた問題は試験に出ない

USBを入れる時『いつも逆』と思ったら、最初の向きであってた

靴下を左右同時に捨てるタイミングはない

新しい携帯を買った途端に落とす

人に迷惑を掛けた後、必ず自分に不幸が来る

小銭を財布から出した後すぐ小銭でパンパンになる

2杯目のビールは1杯目のビールほどうまくない

仕事や試練やお金は、その人の許容量以上は来ない

レトルトカレーを空けるとき、端までうまく切れない

 

どうですか?
「人生のあるある法則」はいくつありましたか?

私は前記の90%当てはまります。

あと「1日1個甘いものを食べないと頭が冴えない」という法則は絶対です。

その他にも、「出掛けると雨が止む」などは最近わかってきたあるあるです。

この法則を利用して良い方向に導けるようにすることと、自分の法則を作り出し

『ゴールデンルール 〜勝利の法則〜』があれば、無敗の王者になれます。

でも自分の人生の法則を完璧に出してからにした方がいいですね。

弱点があると必ずボロが出ます。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

<リセット>

年の変わり目は大掃除、来年の目標を決めるなど、いつもやらないことをやる時期です。

いつも変わらずやっているトレーニングや趣味などは変わらずやると思いますが、この時期だから気持ちが切り替えやすいので、色々なことをリセットするチャンスなのです。

 

心のリセット

食生活のリセット

習慣のリセット

 

「新しい年に向けて!」と意気込むのではなくリセットするのです。

当たり前のように過ぎていく日々を改善する為、食事制限、ジョギング、筋トレ、早起き、、

というようなストレスを加えるのではなく、座禅を組んで心を静めるかのように、ダメな習慣を正すのです。

 

夜に甘いものやお菓子を食べる習慣。

どこに行くにも車を使い、なるべく入口近くに駐車して歩かないようにする。

夜更かしをして朝起きられず 2度寝する。

 

 

ダメな習慣を見直して、通常に戻すのです。

このリセットをするのに一番のチャンスがこの年末年始なのです。

と言ってもいきなりリセットするのは難しいので、まず初めに「○○をリセットする」と明確に決めることです。

そして徐々にリセットして行くのです。

その時できなかったからといって自分を責めず、決して罪悪感(ストレス)を感じないことが重要になります。

 

またリセットするにあたり環境の整備も重要で、リセットするべく状況を作るのは絶対です。

買わない、使わない、妥協しない。

 

 

リセットするこのチャンス。

来年に向けて早速何か仕掛けてみてはいかがでしょう。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

人生の経験値

経験とは・・・実際に見たり、聞いたり、行ったりすること

経験値とは・・・得て身になった事を表す数値

 

生まれてから今まで、色々な経験をして成長します。

ただ経験しただけでは糧にはならず、その経験した事について考えることが成長のカギになるのです。

 

能力が足りなかったから良い成績が得られなかった

環境が良かったからうまくいった。メンバーのスキルが低かったから勝てた。

運が良かったから勝てた。身体の調子が良かったから勝てた。

たくさん練習したからうまくできた。

 

これらの分析をすることが次のステップになるのです。

ただ体験しただけの、面白かった、楽しくなかった、嬉しかった、悔しかった、それだけでは大きな成長は期待できないのです。

 

 

子供の頃は知らないうちに経験をもとに改善反省をしながら向上していきます。

それが20才を過ぎたぐらいから経験を生かせなくなってくるのです。

それはあきらめ、妥協、怠慢、プライド、、、などが邪魔して成長がストップするのです。

 

大人になってからはそのような邪念や自分でコントロールする意思が大きな関わりをもたらします。

 

何かを始めてうまくいかない事があっても「別にできなくてもいいや」とあきらめて、つまらなくなって止めてしまうことが多いのは経験を生かさないからです。

 

仕事も趣味も同じで、始めてから経験した事を積み上げ「経験値」を増やすことで物事に対しての気持ちが前向きになり楽しくなってくるのです。

 

色々な経験をして経験値を上げれば「人間性」「信頼性」「可能性」などが身につき人の質、奥深さが磨かれるのです。

 

 

あの人は「味わい深い人だ」というような、一緒にいたら元気が出て楽しいと思われる人間になれたら嬉しいです。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

〜 自分の役割 〜

学校では「学級委員」「給食当番」「日直」など分担が決められ、子供達は当然のように任務を遂行しています。

中にはさぼりがいますが、殆どの子供は当然のように決められた事を実施しています。

また、大人にも担当があり、その担当は多岐に渡ります。

子供の時と一緒で、さぼる人は存在しますが、色々な人との関わりの中で誰かのために行動しているのです。

 

ところで、『自分の役割』って何だと思いますか?

あまり考えたことがないと思いますが、誰でも少なからず人に影響を与えています。

「自分の存在価値が無い」と思ってる人が多いと聞きますが、それは間違いで、良い影響か、悪い影響かは別にして、必ず他人に影響を与えています。

それが「影響力」と言われるもので、自然に影響を与えてる場合と、何かのために目標を決めて動くことで影響を与える場合があります。

 

自然に影響を与える例は、学校や習い事などで先生をリスペクトし「こんな上手にでききるようになりたいなあ。。。」という象徴的な存在。

それから目標を決めて影響を与える場合の例は、スポーツ選手が病気の子供の為に病気が治ることを願い、「次の試合でホームランを打つから、病気が治るように頑張って!」と、目的を達成することで力を与える行動的な存在。

 

自然に影響を与えるにはそれなりのスキルやカリスマ性がないと難しいので、一般の人は「行動的」となります。

さて、みなさんはどんな影響を与える事ができますか?

人を幸せにする

人を助ける

人に夢を与える

人に勇気を与える

人に元気を出してもらう

 

自分は影響を与えるほどの人間じゃない、自分は与えてもらう方の人間だ。。。

と、様々な言い訳が聞こえてきますが、みんな「無限の可能性」を持っていることに気がついていません。

子供の時に「無理」だとか「できない」とかすぐあきらめましたか?

あきらめたとしたらみなさんは今大人になっていません。

生まれてから頑張って寝返りができるようになり、そして何回転んでもあきらめず立ち歩きできるようになり、逆上がりや、自転車にチャレンジして、、、

生まれてからずっと努力をしてあきらめずに頑張った結果が今なのです。

周りの人達と関わり、小さいときからお互いに頑張って影響を与えたり、影響を受けたりして育ってきたのです。

 

その過去があるということは、今も日々努力して、「あの人が頑張ってるので自分も頑張ろう!」というように、お互いに影響を与え、与えられながら成長しているのです。

 

昔、サッカーの試合の後「おまえを見てると不思議と元気が出てくる」と言われたことを覚えてますが、特別に何をしてた訳でもなく、ただ無我夢中で「勝つ為に!」プレーしてただけなのです。

でも人から見たら、それが魂のこもったプレーに見え影響を与えたのかも知れません。

 

 

影響を与えるとか、尊敬されるとか、自分の役割とか、、、

無理に決めなくていいということです。

 

難しいことは抜きにして、ただ一生懸命、真面目に、親切に、元気よく生活することが何かしら影響を及ぼすことになるのかも知れません。

 

『自分の役割』とは、目に見えない力という影響力なのです。

それぞれの特長を生かしてみんなと関わることで、その力が生まれるのです。

個々の影響力の噴水が、周りの人の力となるのです。

といっても肩を張らず、誰に見られても恥ずかしくない行動をすればいいだけです。

 

自然体で森の空気のような存在でいられたらいいですね。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

『自分の価値』

あなたは 成功したいですか?
あなたは お金持ちなりたいですか?

 

社会は学歴やテストの点数の善し悪しだけで成功できる世界ではありません。

一生懸命に努力しても成功は約束されません。

成功の定義が曖昧ですが、それは人それぞれなので決めません。

 

なぜ成功して他人から褒めてもらいたいのか。

褒めてもらわなくても優越感を味わいたい気持ちは誰にでもあると思います。

 

それではどうすれば成功できるのでしょうか?

 

それは「武器」を手に入れることです。

・知識
・経験
・スキル
・実績

・資金
・資格

・信頼
・人脈

・仲間
 

これら全てがあれば必ず成功します。

全てが無くても成功する可能性は高いです。

一生懸命がんばれば何とかなる事ばかりですが、最後の3つは自分の努力だけで手に入れられる物ではありません。

他人が関係してくるのです。

 

あなたは 他人の評価を気にしますか?

自分の価値を上げる為にどのような努力をしていますか?

 

「価値」というのは他人が決めるのです。

 

ビットコイン( bitcoinという仮想通貨が日々話題になっていますが、値動が北朝鮮のミサイルが発射されると急騰(上がる)しました。

アメリカの通貨ドル$の価値が落ちることを懸念して仮想通貨の評価が上がったのです。

でも先日は逆に急落していました。

このように貨幣価値は一時的な評価で左右されます。

 

「人間の価値は他人の評価で決まる」

 

なんか嫌な感じがしますが、これが現実なのです。

テレビで有名になる(評価される)、でもすぐ消えていく。。。

 

最近VALU(バリュー)という個人評価(人を株としたもの)をするサイトがあります。

ホリエモンの評価額は25億円です。これは高すぎですが、みんながそう評価してるのです。

チョット活躍してる人でも50万とかです。

選挙のように自分がいくらアピールしてもそんなに評価に差が出ることはありません。

でも注意したいのは、これらの評価は流動的なものなのです。絶対ではありません。

 

信頼、人脈、仲間

 

これらは自分が欲しくても手に入れることができない外的要因が関係してくるものであり、仮に手に入れたとしてもすぐ失う可能性があるものなのです。

 

そう考えると成功するためには、信用できるスキルや知識、そして実績を身につけることがベストだということがわかります。

こレらの武器が備わってから信頼、人脈、仲間を形成していけば、裏切られてもビクともしない強固な人間になれ、成功へつき進めるのです。

薄っぺらな人間関係はもろいのです。

ゴマをすったり、接待したりするだけの関係は長くは続かないのです。

 

 

他人の評価を気にせず、自分の能力を信じることで自信が生まれ、活躍する。

これが成功の方程式。かな・・・

まだ成功してないのでハッキリと断言できませんが。。。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |