とらまぐ-社長ブログ

とらまぐ通信の社長コラムを掲載しています。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |

〜 ルーティン 〜

日々の忙しさに流されるように過ごしていると、「あっという間に1年経ってしまった。。。」ということになります。

でも充実した1年を過ごした時でも同じく「あっという間に1年経ってしまった。。。」という言葉が出てくるのです。

前者の場合は ・・・ 何もできなかった後悔

後者の場合は ・・・ もっとやりたいことがあったのにできなかった欲求

 

そしてその原因をヒヤリングすると、2人には大きな差があることが明白になります。

両者に「なぜそれができなかったのか?」を聞いてみると、

前者は ・・・ 「仕事が忙しかったから疲れて何も手に付かなかった。。。」と環境や周囲の人に対しての不満をあげる。

後者は ・・・ 「目標が高すぎたこともあるが、もっと頑張れたはず。」と自分の反省が出る。

 

不満は倦怠感を生み、更に動きたくなくなる。

モチベーションが上がらないから、やる気が出ないから、面白くないから、意味が無いから、、、

 

じゃあその条件が全て揃うまで動かないのか?

「朝が来ない夜は無い」「果報は寝て待て」 これらのことわざは、ただ待っているだけではなく、万事やった上での待ちです。
「蒔かぬ種は生えぬ」 何もしなくて事は起こらないのです。

 

ではどうしたらいいのか?

それはまず忙しく動くことです。

「何をやったらいいかわからない」とかツベコベ言わず、とにかくやることを探して立ち止まらず動くのです。

そうすれば不思議とこれもやろうとか、もっとやろうとかいう気持ちに勝手になってくるのです。

先日も寒くてやりたくなかったが、深夜0:00からゴルフの練習に行きました。

やはり眠さと寒さで頭も身体もシャキッとしない状態でしたが、1時間もすると熱中してきて気がついたら結局3:30までやり納得のいく練習になりました。

 

 

そこで目標を作る事が大事とか思ってやると目標が決まらないまま動けない状態が続きます。

なのでまずルーティンをいくつか作るのです。

ルーティンとは、クセ、 ( げん ) を担ぐ、おまじない、など生活や行動の一部になっていることです。

スポーツ選手などは自分で決めたルーティンで試合に臨むという選手が多いです。

イチロウのバッターボックスに経つ時にバットを天に向ける動作というのは1つのルーティンで、その動作をすることでいつもの能力が出せるようにいつもと同じ状況を作るのです。

また別の例では、「チームメイトとハイタッチしてから試合に出たら活躍できた!」とか何でもいいんです。

簡単な物で、しかも何か期待できるワクワクするものがいいです。

それはもう神がかった世界になるかも知れないけど、「何かをする前に心臓に手を当てると不思議な力が湧いてくる(気がする)」的なこととか簡単でいいですね。

そのルーティンの小さな積み重ねが大きな成果になるのです。

そして次の段階は仕事をする前のストレッチやジョギングする時の音楽鑑賞など、少しずつ自分が本当に習慣にしたいことに近づけていくのです。

 

ストレッチを1時間みっちりやるとなると荷が重いので、朝のトイレで上半身、昼休みに足のストレッチ、そして夜の風呂場で腰のストレッチという具合に分けることで負担を減らし継続しやすくするのです。

そしてそれが無意識にできるぐらいまでクセづけられたらもう完璧です。

何か1つでも毎日できるルーティンを見つけ、楽しいルーティンをいくつも作ってみてください。

 

そこで毎日継続してやるコツを紹介します。

考え方になりますが、武豊の言葉です。

⇒何かをしなければならないと思った時点で重荷になるので、これをやるのは当たり前と思っていれば苦にならない。

 

何事も3日続けば1週間続く、そして1ヶ月、1年と継続できるように、ルーティンを決めて何も意気込まず『まず実行』してみてください。

 

自分に何も課さなければ負担になりません。

 

自然にただ一連の動作のようにやるだけ。

 

いい習慣身につけて変化を楽しんでください。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

◎友達と仲間◎

もうすぐ春です。
この時期になると、だんだん暖かくなってきてワクワクするような気分になったり、お別れもあるので、なんとなく淋しい気分になったりする不思議な時期です。
そして、寒暖差がまだ残る時期なので風邪を引きやすく、心身共に気を遣いたい時期でもあります。

 

10代の頃友達は多かったが、今は友達ではなく仕事仲間だったり、知り合い程度の関係が多く、友達はほとんど増えてない。

その友達とはほとんど会ってないので、10代の頃とは環境が別世界です。


でも今の仕事仲間とは、生活(人生)を賭けて日々頑張っているので、友達以上の関係になります。
友達となれば気が合うので何でも共有でき一緒にいて楽しいという関係ですが、仕事の仲間は年齢も性格も経験も違うので、「仲良く楽しくする」というより「家族のように絆で結ばれてる」という感じです。
なので仲が悪く話しもしないという関係もあれば、リスペクトして真似して追い越すみたいな関係もあります。

 

切磋琢磨、叱咤激励、反面教師など、様々な関係があります。
どんなにぶつかり合ったり、嫌いになっても、絶対に揺らいではならないのが「志(目標)」です。
自分は、何の為にこの仕事をしているのか。
自分がしなければならない事は、何なのか。
自分に何を期待されているのか。
これがすぐ答えられないと家族としての関係は良くなりません。
みんなが自分のことをよく理解し、自分の能力を知ることが良い関係を生みます。


「同族企業」は一般的に知られていますが、友達と一緒に作った会社、すなわち「友人会社」という分類はありません。

「同族企業」のように一般的に広まらないのには意味があります。
その答えは簡単で、“友達同士の会社はうまくいかない”ということです。
なぜうまく行かないケースが多いのか。
それは友達同士だと、同じ性格や同じ考えなのでぶつかってしまうのです。
夫婦も似たもの夫婦より違う性格の方が良いとも聞きます。
「お互いが補い合う関係」がベストなのです。


性格や考え方が合わなくてイライラすることがありますが、完璧な人間はどこにもいません。
処理能力が優秀なロボットでも感情が無いので完璧ではありません。
なので、全て自分だけで解決することは不可能であり、やろうとすること自体ナンセンスなのです。


持ちつ持たれつ、お互いをフォローしながら仲間とチャレンジし、大きな課題をクリアする。
そして喜びも、苦しみも共有できる仲間を増やして行くのが人生の面白いところなんですね。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

〜 神様、仏様は いるのか 〜

先日毎年の安全祈願&商売繁盛のお参りに行ってきました。

寺院から神社へ場所を変え、2017年は初めてのところに行きました。

 

1400から予約をし、30分ぐらい前から待っていたが、時間になって呼ばれたのは個人で厄除けをお願いしてる人だけ。

おかしいと思い受付に声をかけてみると「申し込みをしてください」とのことで、予約のことを告げるも話にならず、逆に「何で申し込まなかったのか?」と薄ら笑いされる始末。

ここは我慢して申込をするも、「20分後からになります」「すぐですから」と簡単に言われ待っていた。

子供達も飽きたのか神社内で遊び始めてしまい、それを神社の関係者と思われる人物に「ここは騒ぐ場所ではないので・・・」と注意された。

その言い方が嫌みな感じだったので、何を偉そうなこと言ってるのか聞いてみようかと思ったが、グッと気持ちを静め散歩に出た。

そして予定していた20分後になったのでそれを受付に伝えると「また次が始まったのでそれの後で」と詫びることも無く軽くあしらわれた。

さすがにこの対応には心の収まりがつかず、どんな予約の取り方をして、どのように祈祷してもらうのか説明を求めたが話にならず・・・。

新年のめでたい日に神様の前で大騒ぎするのは御利益が無くなると思い、気を静めて祈祷をしてもらった。

 

ここまでの話で十分この神社が痛いのかわかってもらえたと思うが、その後もまだまだ問題が発生するのだった。ここではその内容は割愛します。

 

やっとの事で祈祷を終え帰路に着いたが、さすがにはらわた煮えくりかえる思いは勝手にヒートアップし噴火しそうになった。

でも、「2017年はこれ以上悪い事は無い。。。絶対これから向上するんだ。。。」と何度も自分に言い聞かせ、心を落ち着かせた。

 

 

縁起物と言われる行事で災難が起こることはよく耳にするが、実際に自分がこのようなことに遭遇すると「なんて日だ!」と気分の良いものでは無い。

初詣の帰りに車の事故に遭うとか、結婚式の日に事件が起こるとか、、、絶対に起きて欲しくないシチュエーションだ。

学生の時も試合当日に誰かが忘れ物をしただけで嫌な雰囲気になったのを思い出す。

 

 

「毎日が安全で健康に過ごせる日であって欲しい」と願う日に災難が起こることは考えたくないが経験してしまった。

なぜ「良いことを願う日」に悪い事が起こるのか?

ついそう思いがちだが、別に不思議でも特別でも無い。

神様、仏様がそうしたのでも無く、「ただそうなっただけ」なのだ。

それが良いことか、悪いことかは 自分でジャッジ(判断)しているということだ。

今回の神社での出来事を振り返ってみると受付や宮司が悪いように思えるが、この神社を選び、お参りに来たのは自分だ。

そして祈祷してもらうのが第1の目的で、その段取りが最悪だったのは関係者がダメだっただけで

神様は関係ないということだ。

 

こじつけのように思えるが、神様、仏様は見守ってくれているだけで、お願いすれば幸運をもたらされるということでは無い。

祈願=お願い=欲求 と思いがちだが、これは間違いで、悪い事が起きないよう「良い方向に導いてください」というお願いをするのが正しいと思う。

合格祈願、商売繁盛、厄除け、交通安全、安産、、、

これら全部を「神頼み」では良い方向へ進む訳は無く、自分もそれなりに注意して考えて行動する必要がある。

 

となると、神様仏様はいるのか?ということになるが、それは自分の体と心に聞いてください。

お守りを買ったから安全というわけではありません。

厄除けしてもらったので災難に遭遇することは無いということはありません。

 

全て自分の心と行動に関係してくるのです。

神が宿る。仏が宿る。そんな人間になれば成就する事が多くなるのかも知れません。

神様、仏様と約束をし、それを守ることが成就する秘訣です。

 

2017 心を清め、幸運を導きましょう。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

人生あと何年ですか?

それぞれの人生が刻まれ、そしてそれぞれの人生をあと何年刻んでいくのでしょうか。。。

 

生まれてから今まで、多くの人と関わり合ってきました。

生まれた段階で既に親との関わりがあります。

そして幼少期の思い出となる友達との関わり。

物心がついてくると先輩や恩師との関わり。

そしてライバルや恋人との関わり。

成人になった頃から全てに関わります。

加えて結婚、出産などから仲間が増える人も出てきます。

また社会人になり、会社の仲間や上司との関わり。

 

その後にはどんな人との関わりが加わるのでしょうか。

趣味の人との関わり。

人生後期になると、子供の結婚相手や孫との関わり。

 

人との関わりは人生と比例して増えてくるように感じますが、実際は山なりに落ちて少なくなってくるのです。

人によってそのピークが早い遅いはあり、中にはピークが死ぬまで右肩上がりという人との関わりが途切れない人もいます。

 

 

「人生あと何年か?」

考える人はいないと思います。

なので敢えて考えてみてはいかがでしょう。

私は目標72歳(誕生日が7月2日で18の倍数)まで人生を謳歌したいと思ってます。

そして今から31年後の78歳まで生きられたら十分かと思いますが、まだ元気があるならば仏の煩悩の数108歳を目指します。

 

 

これからまだまだ色々な人と関わり、色々な経験をし、そして人生に頑張った証を刻んでいくことでしょう。

その人生を更に充実したものにする為に、『笑顔と喜び』を考えて行動するだけで、全然違う日々が送れます。

例えば、料理を作るとしてもニンジンを♡型に切るとか、キレイな皿に盛りつけるなどで食べる楽しみが増えます。

また、出かける時も車に2,3時間黙って乗っているのではなく、DVDを借りて見たり、歌をうたったり、美味しいものを食べたりと、ちょっと考えて行動するだけでいいのです。

難しいことは何もありません。

ただ楽しむだけです。

 

日常生活の中で思い出に残ることは悪い事が多くなりがちですが、この考えて行動することで、楽しい事が記憶に残り、常に楽しく過ごす習慣が身につくのです。

 

 

この先の人生、せっかくの人生、いずれにせよ楽しい方がいいですよね。

 

何か行動する時、ちょっと面白いことを考えてプラスしていってみてください。

 

2017年 2018年 2019年 2020年・・・・・

 

待ちの人生ではなく、『笑顔と喜び』と手に入れる為のちょっとの行動をして、楽しい人生を送りましょう!

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

人生で一番大切なものは

『人生で一番大切なもの』は、なにか?

滅多にそんなことを考えないと思うので、2016年のこの時期に整理してみてはいかがでしょう。

 

『一番大切なもの』それは、人生に与える影響力がとても強い。

それは、お金か、健康か、家族や仲間か、知識や情報か、それとも運か、心か、プライドか、地位や名誉、権力か、、、

 

『人生で一番大切なもの』は人生を幸福にしてくれるものなのか?

『人生で一番大切なもの』は人生に絶対必要なものなのか?

『人生で一番大切なもの』は誰でも手に入れることができるものなのか?

 

「人生の目的は何か」というアンケートの回答データが以下にあります。

80%以上の人が「富を蓄える事」と答え、若者の50%は、「有名になる事」と答えたそうです。

この回答にはかなり疑問がありますが、「目的」「大切なもの」には大きな違いがあるのは間違いでは無さそうです。

ある研究機関が出したデータがそれを物語っています。
何万という人をサンプルに収集した「人生の目的」「人生で大切なもの」の違いがわかる結果があります。

『人生で一番大切なもの』は、「富」でも「名声」でもなく、「良い人間関係」という結果でした。

本当にそうなのか?
お金や健康ではないのか?

 

会社の経営者でお金を持っていても人間関係がダメな人や、元気があってバイタリティーに富んで魅力的だが自己中心的な独裁者という人は結構います。

いずれの人も「良い人間関係」を作れる人であればいい人生を送れたのではと悔やまれます。

「人間関係を構築する」というのは誰でもその気になればできるということです。

 

そのコミュニティがその人を孤独から解放し健康や長生きを手に入れたというデータもあります。

「ハーバード成人発達研究」による75年の調査研究でわかったことは、幸せの鍵をにぎるのは「良好な人間関係」に尽きるということなのです。

 

またアドラーの心理学でいう「人間の悩みは全て対人関係の悩みである」ということにも合点がいきます。

親子の溝、パートナーや親戚とのトラブル。そして職場での人間関係、友人や近所との関係。

これらで困っている人はたくさんいます。なかには人間不信に陥ったり、引きこもってしまう人もいます。

定年退職後に幸福な人は、仕事仲間に代わる新しい仲間を作った人たちだというデータがあります。

いつでもどこでも「新しい仲間を持とう!」とする意欲が本人を幸せにします。

人間関係に問題を抱え、決して良好とは言えない人はたくさんいます。

そんな人の中で、「仕事さえキッチリやってれば、周りの人は認めるはず」という考えで、人間関係を後まわしにする人がいるが、できれば今日からでもコミュニティを最優先しよう。

出来る事は無限にあります。

PC、スマホで浪費する時間を、良い仲間との時間に充ててみてください。
何年も話していない家族や兄弟(姉妹)に連絡を取るのも1つです。

 


そして「良好な人間関係」ということを探っていくときに間違ってはならないのが、良好な人間関係を作るポイントは、数ではなく質であるということです。

その親密な人間関係は人生に大きな影響を及ぼします。

 

人間関係と健康に関して分かった事は、良い関係は身体の健康だけでなく脳をも活発に刺激してくれるという事です。

良い人間関係といっても、100%考えが一致し話しが合う訳ではありません。

でもお互い頼り合えると感じることが、苦難に遭遇しても乗り越える原動力になるのです。

 

 

人生の途中で様々な誘惑や欲望に気持ちが流され本筋を見失うことが多いが、いろんな経験をすることで『人生で一番大切なもの』の真実が見えてくるということです。

 

良い人生は、良い人間関係で築かれます。

 

『人生で一番大切なもの』を考えてもらう前に答えを出してしまいましたが、ピンとこない人はまず“目的”に向かって進んでみてください。

その過程で一番大切なことに気付くと思います。

 

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |